様々な生物学的ストレス

普段の生活ではストレスとは評価されない内因性、外因性一覧

■心理的ストレス

■体力の疲弊

■急激な温度変化

■薬物の副作用

■栄養障害

■アレルギー

■環境汚染

■低レベル放射線

■電磁気学的汚染(エレクトロスモッグ)

■地理的ストレス(ジオパシック・ストレス)

■否定的な思考や行動

経皮毒(けいひどく)

製品概要のアミノ酸洗剤の中でも簡単にご説明してありますが、ここでは詳しくご説明いたします。

皮膚(経皮)を通して、体の中に毒が入ってくることをいいます。

プラスチックや合成ゴム、合成繊維、合成界面活性剤などの石油化学製品にシャンプーや化粧品など日用品など様々な用途で使われています。

これらの石油製品や化学製品が膨大な量に増えたことが起因してます。この問題のいくつかは、体内のむくみ、糖尿病、脱毛、不妊症、流産、早期の白髪化、筋肉の変性疾患、皮膚のシミ、皮膚の肥厚化などがある。代謝のバランスが崩れて脂肪の蓄積が過剰になることも考えられます。人はストレスや精神病、自閉症などに、対処する力、以前よりも減少していることでしょう。 

環境ストレス

環境ストレスを受ける人体
環境ストレスを受ける人体

環境ストレスとは、生活の中で大気や水などの環境から受ける肉体的、精神的なストレスのことです。
環境ストレスは、身体が自然界や生活社会から受けるストレスのことで、代表的なものに環境汚染や電磁波による身体への悪影響などが挙げられます。

現代社会では、きれいな水や汚染されていない食べ物を得ることは難しく、身体には常にストレスがかかっている状態になってしまっています。また、大気の汚染も恒常的に我々の身体を蝕んでいるといえます。
環境ストレスの少ない健康な生活を送るためには、なるべくよい水・食べ物を手に入れましょう。

電磁気学的汚染(エレクトロスモッグ)

身近なエレクトロスモッグ
身近なエレクトロスモッグ

ヒトの体は電気でできてるのごぞんじですか?

「電気的に」機能する生体なので、有害電磁波や電波などに敏感に反応するために、有害電磁波が、人やペットの細胞・分子を傷つけ、悪影響を及ぼしています。しかし、あまりに微細なエネルギーのため今の測定法はあまりにも感度が低いため、検出がほとんど不可能なのが現状です。そのために、この環境にともなう危険因子の影響はかなり軽視されています。

特に電磁波が強いのはヘアドライヤー、電気カミソリ、掃除機、電子レンジなどがあります。 

地球放射線ストレス(ジオパシック・ストレス)

 ジオパシックストレスは人工的な電磁波と違って微細なエネルギーであるために、一般的な測定器では検出ができません。電磁波ははっきりと数字が測定できるので、より細かく科学的に分析が可能ですが、自然に存在するのジオパシックストレスについては、波動測定器などを使用して調べることになります。

地下水脈・断層・地層(=ジオパシック・ストレス)の上に寝ている場合、知らないうちに細胞やリンパ液の中に悪影響を与え続け、体の中の不要な老廃物が排泄するのを妨げられるので、毒素が体内に蓄積されてしまいます。長年に渡り、こうした影響を受けた結果、免疫システムに破たんが起き、癌細胞も夜の間に徐々に成長してゆくのです。
 少しずつ体を弱らせていくために、結果として幸福感や精神的・肉体的な充実感を得るのが難しいなどの症状が表れます。 

チャクラの活性化のホームケアアイテム

花粉症でお悩みの方!漢方のアロマですっきり解消